女性ホルモンの説明

妊娠したいと思っているのに、生理が順調に来ずに困っている…それは女性ホルモンの影響かもしれませんよ?女性ホルモンは女性の一生に大きな影響を与えるもの。妊娠だけでなく、女性のキレイも左右する、とても大切なホルモンなんです。

このページでは、妊娠するなら知っておきたい、女性ホルモンの種類と働きについてご紹介します。

女性ホルモンの種類は2つ

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2種類があります。それぞれ違った役割を持っており、どちらが欠けてもバランスを崩してしまう、女性にとってとても重要なホルモンです。

エストロゲン(卵胞ホルモン)

女性らしい体型を作りだすほか、子宮内膜を厚くして着床しやすい環境作りを行うなどの役割を持ったホルモンです。

主に生理直後から排卵前までに分泌量が多くなるのが特徴。その間、卵子を包む卵胞の成熟を促すという重要な役割も担っています。

また心を落ち着かせてくれるという効果も。生理前に急にイライラしたり、ふさぎがちになるのは、エストロゲンの分泌量が減るためだと言われています。

エストロゲンの分泌が少なくなると、肌荒れに見舞われたり、むくみがひどくなったり、精神的にイライラしたりなど、さまざまな症状が体に現れます。妊娠という面では、卵胞が成熟できずに放出されるため、短い周期で生理がやってくる頻繁月経に見舞われる可能性もあります。

頻繁月経は生理周期が安定せず、妊娠しにくくなるという危険が。妊娠したい女性にとっては一大事といえるのではないでしょうか。

プロゲステロン(黄体ホルモン)

月経前の黄体期と呼ばれる時期に、分泌量が多くなる女性ホルモンです。

分泌中は食欲を増進したり、体内に水分を溜め込んだりするため、食べ過ぎやむくみを引き起こすことがある、一見するとあまりうれしくない効果を持っています。

でも、こうした働きは全て、妊娠を持続するための体をつくるためのもの。妊娠を持続させたり、卵子が定着しやすいように子宮内膜を整えたりなど、妊婦さんにとって必要不可欠な役割を果たす女性ホルモンです。

プロゲステロンが不足すると、妊娠状態を維持することができなくなるため、流産の可能性が高くなったり、出産が重くなったりすることがあります。






女性ホルモンの乱れによる症状と乱れを防ぐ方法

エストロゲンもプロゲステロンも、どちらも女性にとってはなくてはならないホルモンです。どちらかが不足したり、分泌リズムが乱れたりすると、肌荒れや不正出血を引き起こしたり、生理不順によって不妊の原因になったり、不妊に陥ったりする可能性があります。

女性ホルモンの乱れを防ぐためには、バランスのとれた食生活を心がけることや、ストレスをためすぎないこと、不規則な生活習慣を改めることなどが挙げられます。

妊娠と大きく関係する女性ホルモン。まずは生活や食生活の乱れを正すとともに、うまくストレスを発散する方法を見つけることが大切と言えそうです。