妊娠中、なにかと気になるおりもののこと・・・。
変だな?とは思っても、デリケートな話だけに、お医者さんや看護婦さんにだって聞きにくい、そんな気持ちの方もたくさんいらっしゃると思います。
妊娠中のおりもののことについてまとめてみました。

妊娠に伴って変化することは様々あります。
そのひとつがおりものの状態です。

妊娠中のおりものの状態は、妊娠前の状態とは違います。
具体的には量が増え、色が濃くなるなどです。
この変化は妊娠のごく初期から現れ、中期、後期と続いていきます。

また、個人差がありますが、妊娠期間を通しても、初期と後期では状態が変化します。

おりものの状態が変わるのは、エストロゲンというホルモンの影響です。
妊娠した身体は、出産とその後の授乳に向けて、全体の状態を作り替えていきます。
おりものの状態が変わるのは普通のこと、と覚えておいて、焦らないようにしましょうね。

危険を知らせる色・赤~ピンク

変化するのは正常なことですが、気をつけなければならないおりものの色があります。
ひとつめは鮮やかな赤からピンク色のとき。
女医

これは鮮血の色で、今まさにどこかから出血しているよ、というサインです。
妊娠のどのステージであっても、このような色のおりものが出たら、早急にかかりつけ医に受診しましょう。

これに対して茶色のおりもののときは、すでに出血は終わり血が止まっている可能性が高いです。
すぐに危険というわけではないかもしれませんが、念のため、病院に相談する方が良いでしょう。

危険を知らせる色・黄~緑

もう一つ、危険を知らせる色があります。
それは黄色から黄緑、緑色、つまりは膿んだ傷口の色、膿の色です。
おりものがこのような色のときは、感染症を起こしている可能性があります。

感染症のサインは、色だけではなく、臭いや、おりものが酒粕状になるなど様々あります。
色が普通であっても、少しでもおかしいな、と思ったら思い切って病院に行ってみてください。

妊娠中はストレスも大敵です。
ずっと心配して気に病んでいるよりは、受診してしまった方が気が楽になりますよ。

ただでさえ普段とは異なる妊娠中は、何が異常でなにが普通なのかわかりにくくなってしまいますね。
デリケートな話は、相手が医師でもいいにくいものですが、自分だけの身体ではないことを念頭に、思い切って相談するようにしてくださいね。