妊娠に伴っておりものが増えた方は多いと思います。
こまめに下着を替えられれば一番ですが、働いていたり、体調が悪かったりで、下着を替えるのは難しいという方も多いのではないでしょうか。
そんなとき大変便利なのが、おりものシートについてご紹介いたします。

妊娠中はおりものが増える

おりものの増加は、妊娠中の自覚しやすい身体の変化の一つです。
ある調査のよると、7割以上の方で、おりものの増加を感じていたとか。

妊娠のごくはじめの時期から、量はもちろん、おりものの臭いや色にも変化が現れます。
これはホルモンバランスが影響しており、妊娠に伴うごく当たり前の変化と言えます。

おりものシートを使う?使わない?

妊娠中は他の病気を防ぎ、赤ちゃんの安全を確保する意味でも、陰部を清潔に保つことが大切です。
おりもので汚れたままの下着でいることは衛生上好ましくありません。

汚れた下着をこまめに交換できればそれが一番望ましいですが、頻繁に下着を交換するのはなかなか難しい、という方の方が多いのではないでしょうか。

また、おりものの量によっては、おりものが下着をこえてズボンやスカートに染みてしまう、なんて方もいらっしゃるようです。
ずっと家にいる状況でも不快ですが、外出の必要があるときは本当に困ってしまいますね。

そんなときに便利なのがおりものシートです。
最近は香り付きのものや、そのままトイレに流すことのできるタイプなども出ています。

おりものシートの注意点

やってはいけない事
大変便利なおりものシートですが、一つだけ注意しなければならないことがあります。
それは交換の頻度、タイミングです。
おりものシートも生理用のナプキンと同じで、あまり長時間交換せずに使い続けるのは好ましくありません。

ではどのくらいの頻度で交換すればいいのでしょうか?
生理用のナプキンと同様に、最低でも2~3時間に一回は交換する方が良いでしょう。
寝ている時間もありますから一日に5~7回程度になるでしょうか。
大変便利なアイテムとはいえ、長時間使い続けると、雑菌が繁殖して感染症などの病気の一因となってしまう場合があります。

たかが「おりものの量」と思うかもしれませんが、量があまりに多ければ不便を感じるものです。
便利なおりものシートですが、長時間の使用にはリスクもあります。
普段から、清潔を心がけて、快適に妊婦生活を送ってくださいね。