温泉

「妊婦さんは温泉に入っちゃダメ」という常識が、2014年に変わったことをご存知ですか?そのため旅行代理店からは、妊婦さん向けの温泉旅行プランが続々と発表されています。

とはいえ、妊婦さんが温泉に入る際にはさまざまなことに注意する必要があります。このページでは、妊婦さんが温泉に入る前に知っておきたい注意事項を3つご紹介します。

体調の悪い時は入浴を避ける

体調の悪い時は無理をせずに、入浴を控えましょう。

特に妊娠初期は、つわりの影響で急に気分が悪くなったり、温泉のニオイに耐えられなくなったりすることもあります。しかし、「せっかく温泉に来たのだから」と無理して入浴すると、気絶や転倒、浴室内での嘔吐につながる場合も。

せっかくの温泉旅行だから…という気持ちはよくわかりますが、無理した結果、取り返しのつかない事故を引き起こすことは避けたいですよね。

旅行は次回また楽しむことができますが、妊婦さんや子供の命は戻ってきません。生まれてくる子供のためにも、妊婦さん自身のためにも、入浴するかどうかは体調を優先して考えましょう。






足元・のぼせに注意

温泉は足元が滑りやすく、また温泉の温度を調整することもできません。そのため転倒やのぼせの危険性が高くなります。妊娠時はいつも以上に足元やのぼせに注意しましょう。

特に気をつけたいのが、お腹が大きくなる妊娠後期です。体のバランスが取りづらくなるため、これまで以上に転倒しやすくなります。「自分は大丈夫」と高をくくらず、足元に気をつけて温泉を楽しみましょう。

また妊娠時期は、通常時に比べて体温が高くなり、のぼせやすくなります。できれば事前にしっかり水分補給を行ったり、10分以上浴槽に浸かることを避けたりして、のぼせないよう注意しましょう。

できれば誰かと一緒に入る

気を付ける事万一浴室内で不測の事態が起こった場合、すぐに対応ができるよう、できれば友人や親族などと一緒に温泉に入ることをおすすめします。

とはいえ、夫婦で温泉旅行を楽しむ場合は、なかなかそうも行きませんよね。そんな時は、貸切風呂を利用するのがおすすめです。

妊婦さん向け温泉旅行プランの中には、パートナーと一緒に浴室に入れる貸切風呂などもあります。二人で入れば、いざというときも安心ですよね。

妊娠時に安心して温泉に入るためのポイントは、体調と相談しながら入浴を考えること、そしていつも以上に注意して入浴することだといえます。今回のポイントを参考に、素敵な温泉旅行を楽しんでくださいね。